【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

確定拠出年金、その税制優遇の影響の大きさは?


イメージ画像
定年後に備えた資産形成の手段の一つとして知られる確定拠出年金は、税制上さまざまな優遇を受けることができます。

今回は、その確定拠出年金の税制上の優遇による運用成果への影響の大きさを、証券会社での積立投資との比較を通して見てみたいと思います。

1.確定拠出年金に対する税制の具体的内容

まずは、確定拠出年金に対する税制が具体的にどのような内容なのか、見ていきたいと思います。

「拠出時(積立をしたとき)」、「運用時(運用をしている間)」、「受取時(運用した資産を受け取るとき)」のそれぞれのポイントで見ていきたいと思います。

「拠出時」:拠出額分所得税控除の対象となる

普通の積立投資であれば、その拠出元は所得税を払った部分からの拠出となります。確定拠出年金の拠出であれば、その拠出分は課税所得から控除され所得税が課税されません。

例えば、課税所得500万円の人が年間50万円分確定拠出年金に積み立てたとすると、その方の所得税の対象額は500万円から450万円になります。
確定拠出年金と通常の積立投資を行った場合の拠出時税制のイメージ図

確定拠出年金と通常の積立投資を行った場合の拠出時税制のイメージ図
出典:厚生労働省 確定拠出年金の概要より筆者作成

「運用時」:運用によって生じた利益が全て非課税となる

通常の投資であれば、毎年、利益部分に対して20%の源泉分離課税がなされるので、100万円の利益が出た場合、20万円が税金として引かれ、残りは80万円になります。しかし確定拠出年金なら100万円の利益全てが自分の資産となります。

「受取時」:年金形式での受取の場合は公的年金等控除の対象となり、一時金受取の場合は退職所得控除の対象となる

確定拠出年金には受け取り方法が2通りあります。

1つ目は年金形式で受け取る方法で、定期的に運用資産をとり崩して受け取っていくという方法です。この場合は公的年金等控除の対象となります。2つ目は今まで運用してきた分を一括で受け取る方法です。この場合は退職所得控除の対象となります。

このように確定拠出年金には税制上、様々な特徴があります。これだけではなかなかイメージがつきにくいかと思いますので、モデルケースを例にシミュレーションを行ってみましょう。

2.確定拠出年金と積立投資のシミュレーション

確定拠出年金と証券会社の積立投資を比較します。確定拠出年金と証券会社での積立投資の税制の違いをまとめると以下の表にようになります。

確定拠出年金制度と証券会社で積立投資を行う場合の比較確定拠出年金制度と証券会社で積立投資を行う場合の比較
出典:厚生労働省 確定拠出年金制度の概要より筆者作成

≪モデルケース≫

今回は以下のモデルケースを想定します。
●30歳男性
●課税所得500万円
●年間36万円(月3万円)を30歳から~60歳まで30年間拠出
●60歳時に一括で受け取り

このようなケースの場合、「確定拠出年金」と「証券会社の積立投資」では税制上の差は運用にどのように影響するのでしょうか。

次のページでシミュレーション結果を見てみましょう。


年金メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-NE-21