【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

確定拠出年金、その税制優遇の影響の大きさは?


3.シミュレーション結果

A)拠出時の差

確定拠出年金の拠出分は所得控除を受けられます。30年間所得が変わらず毎年36万円分が所得控除された場合、確定拠出年金が控除される税額の合計は

36万円(拠出額) × 10%(所得税率) × 30(年) = 108万円 となります。

拠出分の控除によって、30年間で計108万円分、確定拠出年金が有利となります。

B)運用時の差

確定拠出年金は運用時に生じる利益も非課税となります。非課税だと、毎年、利益に対し課税がされる証券会社の積立投資と比べ、運用効率が良くなります。

一方、証券会社の積立投資では、ファンドの入れ替えの際などに、利益に対し課税がなされます。今回は毎年5%での運用ができ、毎年末に1回ファンドの入れ替えをしたと仮定します。両者の運用結果は以下のようになりました。

年率5%で運用した場合の積立時価の推移

筆者作成

やはり運用中に課税がなされないことで、確定拠出年金の運用効率の方が上がっているのが見てとれます。年率5%の運用を毎年していったとすると、30年後には金額にして約391万円分、確定拠出年金が有利となります。

C)受取時の差

受取時は確定拠出年金の場合、一括で受け取ると退職所得扱いとなります。退職所得扱いならば勤め先からもらう退職金の金額も関係してきます。例えば、退職時、勤続35年で退職金が2,335万円(勤続35年以上の大卒平均)を一括で受け取ると仮定しましょう。

この際に確定拠出年金(先述Bの2,509万円)の一括受取もする場合は、退職所得税は約443万円です。証券会社の積立投資では受取時の課税分は先述のBに含まれているので退職金だけが退職所得となり、その税額は約23万円です。ここでは420万円分、証券会社での積立投資が有利になります。

4.最終結果~確定拠出年金はどれほど優遇されているのか~

今回のシミュレーションの結果は以下のようになりました。
確定拠出年金と証券会社の積立投資の差

筆者作成

今回の条件で比較をした場合、税金の面では総合的に確定拠出年金の方が優位となりました。

ただし、年間36万円を30年間拠出した時の元本累計は1,080万円ですので、税金による79万円分の優位は元本に対し約7%程度の大きさにしかなりません。確定拠出年金と証券会社の積立投資の運用選択肢の差を考慮すると、絶対的に確定拠出年金のほうがいいとは言えないでしょう。

税制上の差、投資対象の選択肢、資産形成途中の柔軟性をよく比較し、自分に合った運用方法で将来の資産を形成していきましょう。


年金メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:Abraham-NE-21