あ行か行さ行た行な行は行ま行や行 | ら行 | わ行英数


「ら行」から始まる年金用語

■ラップ口座

投資一任運用商品。金融機関が投資家の資産の運用・管理を行い、投資のアドバイス料、口座の管理や売買に伴う手数料などはすべてまとめて徴収する。最低投資金額が比較的に高いことが特徴で、金融機関による手数料獲得目的に短期売買を繰り返すのを防ぎ、投資家と証券会社の利害の一致をもたらす点で投資家にメリットがある。

■利差損益

保険会社の資産運用の実際の利回りが予定利率と異なる場合に発生する利益や損失。実際の利回りが予定利率を上回れば利差益、下回ると利差損になる。年金資産の運用に関しても同義。

■リスク

投資における将来のリターンのブレのこと。また、価格の変動幅のことをさし、標準偏差で測定する。金利の変動による金利リスク、為替の変動による為替リスク、物価上昇率に影響されるインフレリスク、債務不履行などによる信用リスク、カントリーリスクなどがある。

■リスクヘッジ

リスクに対応できる体制を取っておくこと。例えば、現物(株式など)を買い付けると同時に、先物市場で同量の売り注文を出して、現物の値下がりが続きそうなときに、先物市場で先に売ったものを安く買い戻せば、現物取引で生じた損失をカバーできる。利益追求より価格変動リスクを抑え安定した運用をするために使われる。

■リターン

資産運用において、将来得られる可能性のある収益のこと。利息や配当などの「インカムゲイン」と、売却益や差金決済益などの「キャピタルゲイン」の2つがある。一般的には、過去の実績からから該当する有価証券の期待収益率を計算する。

■流動資産

現金や預金などのいつでも自由に引き出せる資産。また、貸借対照表の借方の「資産の部」の一つで、現金や預金、受取手形、売掛金、有価証券、棚卸資産など比較的短期間に換金される資産のことをいう。⇔固定資産

■利率保証型生命保険

あらかじめ決められた期間の利率が保証されている生命保険。

■レコードキーピング

確定拠出年金制度において、金融機関が共同で設立した確定拠出年金の運営や管理、記録を行う専門会社。代表例としては日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジーや日本レコード・キーピングネットワーク株式会社があげられる。=記録関連業務

■レバレッジ

手持ちの資金より多い金額で取引すること。レバレッジをかけることにより、相場が思惑と同じ方向に動いたときには元本に対して高い割合の利益を得られることがあるが、逆に相場が思惑とは反対に動けば、元本に対して高い割合の損失が出ることもある。

■連合会移換者

厚生年金基金を途中で脱退した人で、企業年金連合会へ老齢給付の支給の権利義務を移転する人。企業年金連合会への移換は平成26年(2014年)3月31日に終了する予定。

■老齢基礎年金

公的年金制度の一つで、国民年金加入者で受給要件を満たした人が65歳以降に給付される年金。年金の給付は、受取る人が亡くなるまで支払われるようになっている。

■老齢給付金

確定拠出年金において、加入者の一定の年齢に達すること要件として支給される年金給付。具体的には60歳時に一時金、もしくは一定の期間加入することで5年~20年の年金をうけとることが出来る。

■老齢厚生年金

厚生年金に加入していた人が、老齢基礎年金の受給資格(厚生年金保険料を1カ月以上納めること)を満たしたときに、65歳以降に老齢基礎の年金に上乗せして受けることができる年金。


あ行か行さ行た行な行は行ま行や行 | ら行 | わ行英数