【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

タイプ別でみる「変額個人年金保険」!


「年金」を重視する変額個人年金保険

「年金」を重視するタイプから見ていきます。このタイプは、安心して老後を迎えるために、将来受け取ることのできる年金を少しでも増やしておきたいニーズの強い人向けの変額個人年金保険です。

(1)年金原資が保証されている(運用成果にかかわらず100%を超える原資を保証)

運用期間満了時に、一時保険料が元本割れした場合でも保険料の100%以上の原資を保証するタイプの商品です。ただ、現在販売されているのは保険料の100%の原資を保証しているものがほとんどで、100%を超えるものはあまりありません。

例)三井住友信託銀行 年金原資確定部分付変額個人年金保険(通貨選択型)「ラップライフ」

年金原資保証タイプのイメージ図(年金原資110%保証のケース)年金原資保証タイプのイメージ図(年金原資110%保証のケース)

(2)受け取り方法を自由に選べる

契約時に設定した期間中に被保険者の生死にかかわらず年金を受け取ることのできる「確定年金」、被保険者が生きている限り年金の受け取りができる「終身年金」、被保険者もしくはその配偶者が生きている限り年金の受け取りができる「夫婦年金」、年金原資を一度に受け取る「一括受取」などから選ぶことができます。

例)三井住友海上プライマリー生命「エバーリーフセレクトネオ、スィート&スィートLG Next、記・念・樹Ⅱ、ブロードウェイLG型」

(3)早期の受取、運用期間途中での年金の受け取りができる

●契約日の1年後から年金が支払われるタイプ

変額個人年金保険の商品の多くは10年以上の運用期間を設けていることが一般的ですが、早いものでは契約日から1年で年金を受け取ることができます。

例)メットライフアリコ 特別勘定終身年金特約付変額個人年金保険「プラチナライフ アヴァンセ」(終身年金受取総合保証コース)

●特別勘定で運用を行いながら受け取る

一般的には変額個人年金保険では年金受取期間になった後は特別勘定ではなく、一般勘定での運用に変わりますが、早期受取のタイプは年金の受取期間においても特別勘定で運用されます。したがって運用成績によって年金の支給額が増減する可能性があります。

例)マニュライフ生命「あしたの年金」(新変額個人年金保険Ⅴ型)


年金メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-NE-179