【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

タイプ別でみる「変額個人年金保険」!


「運用」を重視する変額個人年金保険

最後は「運用」を重視するタイプです。年金や将来の医療費の不安に対して元気なうちに資産を増やしておきたいというニーズの強い人向けの変額個人年金保険を見てみましょう。

(1)ファンドの選択肢が多い

特別勘定での運用は運用会社の投資信託での運用がほとんどです。国内外の株式や債券、不動産(REIT)、コモディティ(商品)への投資など様々な投資対象から選ぶことができ、また、それらを組み合わせた「バランス型」の投資信託もあります。

例)ソニー生命「変額個人年金保険」

(2)年金原資がステップアップする機能がある

ある時点で一時払保険料が一定水準を超えた場合に、その時の金額を年金原資として保証する機能です。期間満了時の運用成果が良くなくても、それまでの運用の成果がよければ、年金原資が増えることも期待できます。死亡保障のステップアップとは目標値を設定するという点で違いがあります。ほかにも一定時期ごとに最低保証額が見直しされる商品もあります。

例)アイエヌジー生命「一時払い変額年金保険 A型」
年金原資ステップアップ機能イメージ図

年金原資ステップアップ機能イメージ図

(3)運用成果を確保をできる

運用成果を確保する機能の商品もあります。ステップアップ型では運用期間中に一定以上の運用成果を達成した後も、さらなる運用益をあげるために満期まで運用を継続します。一方で運用成果確保型では当初に設定した運用目標値に到達した時点で運用を止めて利益を確保します。

例)プルデンシャル・ジブラルタ・ファイナンシャル生命 変額個人年金保険(米国ドル建て)「PGターゲット2」

自分が求めるのはどのタイプでしょうか?あなたの目的に沿った変額個人年金保険選びに役立てていただければ幸いです。


年金メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-NE-179