【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

比べてみよう自分年金【個人年金保険VS投信積立】


皆さんは今どのような保険に加入していますか?

「万が一」のために、生命保険などに加入している方は多いかと思います。それでは、その「万が一」が起こらなかったときの準備としては何をしていますか?
イマージ画像
万が一(1/10,000)のための準備として生命保険や医療保険などがありますが、残りの9,999/10,000のための準備としては「個人年金保険」という商品が考えられます。

個人年金保険は主に死亡時の保障や病気になった時の保障はありませんが、毎月払込んだ金額が将来に増えて戻ってくるような保険商品のことを言います。

個人年金保険とは別に、証券会社の長期での資産形成を目的とした投信積立も9,999/10,000のための準備として考えられる選択肢のひとつです。

この2つを同じ「将来のための資金準備方法」と見た場合、一体どちらを選ぶべきでしょうか。そこで、今回はこの「個人年金保険」と「投信積立」を比較していきたいと思います。

●「個人年金保険」と「投信積立」の共通点は?

まず、「個人年金保険」と「投信積立」の共通点を押さえておきましょう。

「毎月一定額を積立てる」
両者とも積立方式も可能なため、まとまった資金がなくても毎月少額から始められます。

「預金よりも高いリターンを目指す」
実際に高いリターンが出るかどうかは別ですが、リターンがほとんどなくてもいいのなら、いつでも引き出せる普通預金を選びます。両者は預金では得られないリターンを目指し選択するサービスと言えます。

●「個人年金保険」と「投信積立」の違いは?

以上のような共通点を持つ両者ですが、その主な違いは何なのでしょうか。(A)リターン、(B)安心感、(C)柔軟性の3つの観点から見ていきたいと思います。


年金メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-NE-143