【緊急】相場暴落・金融危機での儲け方とは?>>

個人年金保険の素晴らしい仕組みとは?


筆者は、個人年金保険の加入は慎重を期した方が良いと考えています。しかし、その筆者でも個人年金保険には素晴らしい点があると思うのも事実です。

それは貯蓄の仕組みです。

貯蓄の仕組みとは、契約から満期まで毎月保険料を自動的に支払うものです。また途中解約には元本割れが伴ってしまうので安易な解約を抑止する心理的な効果もあります。

私は子供の頃、豚さん貯金箱でお金を貯める事が出来ませんでした。理由は、お腹から自由にお金を引き出せてしまう事とお金を入れる事自体を止めてしまったからです。
イメージ画像
将来のお金を貯める仕組みとして、自動で積立を行い、途中解約はもったいない、と認識出来るからこそ個人年金保険に利用価値が生まれると思います。個人年金保険では、お金を貯める仕組みを買えると筆者は考えています。

しかし…自分を律する事が出来る人であれば、仕組みを買う必要性はないと考えます。

どのような商品でもそうであるように、商品は『原価と利益』で構成されます。お金を貯める仕組みをお金を払って買う必要があるのか?自分でルールを決めて貯める方法と比較して、どちらが自分にとって価値があるか考える必要があるでしょう。

生命保険協会の調べによると、個人年金保険は年間150万人が新たに契約しています。この低金利下においても個人年金保険市場が伸びている事実を肯定的に捉えるなら、個人年金保険の「貯蓄の仕組み」は一般に受け入れられているようです。

現在の低金利下で個人年金保険を活用すべき人は、残念ながら『お金を貯める習慣がない人』です。
イメージ画像
このような方は個人年金保険の利用価値があると思います。人は強制力がないと怠けてしまう弱い面があると言われています。個人年金保険は、人間の弱さを仕組みとして補ってくれます。

コツコツお金を貯めていく方法は、非常に優れた資産形成方法です。

個人年金保険の保険料でも、銀行の積立定期預金でも、株式への積立投資も同様、毎月・一定額を継続的に拠出する仕組みは資産形成における成功の鍵になります。

個人年金保険は、資産形成の鍵を押さえた仕組みが組み込まれている点で素晴らしいと考えています。その素晴らしさは個人年金保険のみならず、私たちの資産形成全般に関わる重要な点だと思います。

資産形成を行う際、コツコツ継続するのは難しいことだと思います。しかし、資産形成に近道はありません。個人年金保険から学ぶべき素晴らしい点は、貯蓄の仕組みという点になります。この素晴らしい仕組みをカスタマイズして自分で使うことも出来ると思いますので資産形成の大切なポイントとして是非覚えておいて下さい。


年金メディア|アブラハムグループ

【金融資産3000万円~5億円の方限定】日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

記事管理番号:MCJ-NE-146